株式会社三鈴
ホーム事業領域製品案内技術案内C.S.R会社概要採用情報お問い合わせ
C.S.R への取り組み
社会からより高い信頼を得られるよう、三鈴はCSRに積極的に取り組んでいます。
顧客満足 CS Customer Satisfaction

高品質で魅力的な製品、短納期対応、価格対応、全てにおいてお客様に満足を提供します。

We are able to gratify our customers by supplying high-quality, desirable products, delivering efficiently and offering negotiable prices.
従業員満足 ES Employee Satisfaction

明るく働きやすい、自己実現を可能とする職場を提供します。

We provide a happy, encouraging workplace, where all employees can fulfill their goals of self-development.

CSR
とは Corporate Social Responsibility の略で、「企業の社会的責任」を意味します。
単に利益だけを追求するのではなく、お客様や従業員はもちろんのこと、株主や地域の皆様、取引先企業の方々など、私たちと何らかの関係を持つステークホルダーに配慮した企業活動を行うことをテーマに掲げ、日々取り組んでいます。そのうえで、コンプライアンスはもとより、環境面においても充分配慮し、企業としての役割を誠実に果たしています。

C.S.R. stands for Corporate Social Responsibility.
We do not simply pursue our own profit, but we care about anyone who comes into contact with us. Our workers, customers, stockholders, the local neighborhood and stakeholders. We also work sincerely as a conscientious enterprise, respecting environmental issues as much as business compliance.

ISO9001-2015 認証取得 ISO14001-2015 認証取得 三鈴は1999年にISO9001の認証を、2003年にISO14001を認証取得しています。又、2016年には品質・環境共にISO2015年版に移行しており、導体のスペシャリストとし て、社会の一員として、常に高い品質と責任を形にしています。

We gained ISO9001 recognition in 1999.
and ISO 14001 recognition in 2003.
As an electric conductors specialist, we always produce high quality products.
品質方針 Quality Policy
顧客の信頼と満足を得るために、品質マネジメントシステムの継続的改善を通じて、
全員参加で魅力的な製品づくりを行う。

Through the continuous improvement of quolity management system, MISUZU CO., Ltd. will produce affective products all the members participation to get trust and the satisfaction of the customer.
環境方針 Environmental Policy
基本理念 Basic philosophy
株式会社三鈴(以下当社という)は、地球環境保護が世界の最重要・緊急課題の一つとして認識します。当社は、電線製造事業に属し、電線用コンダクター(導体)の製造を主たる活動としています。この企業活動の全ての領域において、汚染の予防・資源の有効活用並びに、緊急時対策など環境管理活動を継続的に推進します。

At MISUZU CO., LTD., we consider that environmental protection is one of the most important and imperative issues in the world. We belong to the electric wire manufacturing industry and are mainly producing conductors for electric cables. Throughout all our business operations, we always make sure that practices which respect the environment - prevention of pollution, efficient use of resources and effective emergency measures - are carried out.

基本方針 Basic policy
1. 当社が生じさせる環境影響を以下の活動領域にそって、環境管理活動を推進します。
We operate our environmental management activities according to the areas below.

(1)当社の生産活動から生じる騒音振動などの環境影響を的確に捉え、維持管理と改善に努めます。
   We apprehend noises and quivers caused by our manufacturing processes, and improve the situation whenever necessary.
(2)資源の消費者としての立場を自覚し、省資源・再利用・再使用に取り組み、廃棄物の削減に努めます。
   Being conscious that we are a resource-consumer, we make sure that we save, reuse and recycle those resources.
   with as little waste production as possible.

2. 環境に関する法令、また、滋賀県及び日野町の条例等を順守して、当社の環境管理活動を推進します。
We operate our environmental management activities in accordance with the environmental law of Japan and the acts of Shiga prefecture and Hino city.

3. 周辺住民の意見や顧客の要請など他の要求事項に関して同意できる場合は、当社の環境管理活動をそれらの要求に適合させます。
When local residents or our customers submit opinions, demands or requests on environmental issues, we consider them carefully and where possible, try to fit these ideas into our environmental management activities.

4. 以上の各項を実践するために環境マネジメントシステムを構築し、環境管理活動の組織・運営制度及び必要な手順を整備し、責任と権限を明確にします。
To put all the activities above into practice, we have an environmental management system, in which we organize operative procedures and define responsibilities.

5. 当社の技術的・経済的に可能な範囲で、環境目的・目標を定め、定期的な見直しを行い、環境マネジメントシステムの
継続的改善を図ります。
To maintain the efficient function of our environmental management system, we regularly reassess our slogans and goals from within the bounds of our technological and economical capabilities.

6. 環境方針を文書化し、各部署、各現場に掲示するとともに、当社内にて業務に従事するもの全てに周知徹底を図ります。
We issue every department with a copy of our environmental policy to ensure that every one who works for us knows about it thoroughly.

7. 環境方針は、ホームページや当社の会社案内を通じて一般に公開します。
The environmental policy is accessible to the public through our home page and brochures.

2014年11月19日 株式会社三鈴 代表取締役 鈴木登与紀

© MISUZU CO., LTD.